石井浩郎の現在は議員!?岡村孝子との離婚後2度の結婚歴!

石井浩郎

岡村孝子さんの急性白血病のニュースは驚きましたね。
かつては、デュオ・あみんで『待つわ』をヒットさせ、ソロ活動後は『夢をあきらめないで』などの名曲を残しました。

その岡村さんの元・夫が、プロ野球選手だった石井浩郎(いしい ひろお)さんです。
石井さんと言えば、近鉄バッファローズ時代の94年に打点王に輝くなど、”いてまえ打線”と呼ばれた強力打線の4番を長く勤めたことで有名です!!

Sponsored Link

 

石井浩郎は現在、参議院議員。そこに到るまではいろいろあったようで・・・

石井さんは、1964年6月21日生まれですから、50代半ばになります。
1989年にドラフト3位で近鉄に指名され、入団しています。
1989年のドラフトと言えば、同じく近鉄に入団した野茂さんが史上最多の8球団から1位指名されたばかりでなく、与田剛さんなど多くの指名選手が、その後軒並み活躍したことでも知られています!!

野茂英雄 全盛期の年俸が知りたい!佐野慈紀との借金トラブルとは?

与田剛 スキャンダルを許した嫁は?娘はアイドルで肩幅がすごい?

さながら、”黄金世代”といったところでしょうか?
石井さんも例年のドラフトなら1位指名を受けていたかもしれませんね^^

プロ1年目から5年連続で20本以上のホームランを記録して、黄金期とも言える近鉄の4番バッターを務め、4番打者としての362試合連続試合出場のプロ野球記録も達成しました。

その頃の近鉄打線にはブライアントという凄いホームランバッターがいて、今でもたまにテレビで流れるのが、東京ドーム天井のスピーカー直撃の伝説のホームランです!!
しかし、ブライアントが毎回大振りして三振が多くムラがあったのに対し、石井さんは打率も3割前後で安定していたので、4番を任されていたのでしょう。

その後の石井さんは、度重なるケガの影響で成績が下がり、近鉄から巨人・ロッテ・横浜と渡り歩き、2002年に引退をしています。

 

引退後は、博多もつ鍋のチェーン店のオーナーになったそうで、地元の秋田にも出店を果たしたようです。
その後は日本テレビの野球解説者や、西武ライオンズの2軍監督も務め…

 

2010年に自民党公認で参議院選挙に立候補し、見事に当選を果たします!!
2016年には再選をされて、参議院文教科学委員長などの要職に就いています。

野球選手から議員になった人と言えば、エモヤンこと江本孟紀さんが有名ですね^^
この人は大阪府知事になろうとして議員を辞めたけど、知事選は落選してしまったんですよね。

石井さんも、江本さんのように変な”色気”を出さなければ、まだまだ議員として上に上がれると思いますけど・・・

石井浩郎

 

岡村孝子との間に娘がいる!離婚後の再婚生活は?

岡村孝子さんとは1997年に結婚しました。
そのきっかけは、石井さんのプロ1年目に急性肝炎にかかった時、まだ面識が無かった岡村さんの『夢をあきらめないで』を何度も聞いて励まされて、病に打ち勝つことができたそうです。
その後、石井さんから岡村さんにアプローチして、婚約に至ったそうです^^

 

そんな風に愛し合って一緒になった二人も、世の離婚する夫婦と同じように徐々にお互いの歯車がかみ合わなくなり、2003年に離婚に至るわけです。

確か、岡村さんにはこの頃、借金騒動がありましたね。
なんでも、岡村さんのお父さんがラブホテルを経営していたのが失敗し、多額の借金を岡村さんが返済することになったとか・・・
そのために岡村さんは歌手に復帰して、その後完済したっていうんですから、それもスゴイ!!

 

その後、石井さんは2006年に結婚しますが離婚し、2013年にフリーアナウンサーの稲見幸子さんと結婚。そのことが世間に知られるようになった時にはすでに二人の間に男の子が生まれていた…ようですね^^

 

現在は、議員として活躍し、それを支える伴侶にも恵まれている石井さん。
ある意味、同じ時期に活躍していた近鉄の同僚の誰よりも”夢をあきらめていない”のかもしれません^^