宮沢氷魚の目の色の秘密はカラコンそれともハーフ?ドラマに出ていてもかっこよくない!?

宮沢氷魚

宮沢氷魚(みやざわ ひお)さんが、7月スタートの日本テレビ系ドラマ『偽装不倫』に出演するということで話題になっていますね!
なんでも、カメラマン役の宮沢さんは、主人公のさんが演じる”おひとり様女子”の主人公に「既婚者」と嘘をつかれたまま交際することになるらしく…

まあ、詳しいストーリーはこれからのお楽しみということで・・・^^

宮沢さんと言えば、お父さんはTHE BOOMのボーカル宮沢和史さんで、お母さんはタレントの光岡ディオンさんであることは結構有名です。

本当にお父さんの若い頃に似ていますよね^^
普通、男の子は母親に似る・・・と言われますが、ここまで父親に似ているのも珍しいのでは・・・?

Sponsored Link

 

宮沢氷魚の目の色は本当に薄茶色?

まず、宮沢さんのプロフィールですが、1994年4月24日にアメリカ・サンフランシスコで生まれています。
生まれこそ海外ですが、その後は東京で育っているんですね。
幼稚園~高校まではインターナショナルスクールに通学したそうで、高校卒業した後は渡米してカリフォルニア大学へ留学し、2年後に母上・光岡さんの母校でもある、国際基督教大学(ICU)に編入して2017年に卒業しています。

身長は184cmと、まずまずの高身長です。
宮沢さんの容姿でもう一つ、気になる点は…

目の色

です。
日本人離れした薄い茶色の瞳は、一部では「カラコンじゃないの?」と言われているようですが、れっきとした生まれ持った目の色のようです!

宮沢さんのお母さんが、アメリカ人とのハーフであることが影響しているのか…と思いましたが、お父さんの宮沢和史さんの目の色も同じ薄茶色なんですね^^

顔同様、お父さんからの遺伝が強く出ている・・・ということになりましょうか?(^^;)

Sponsored Link

 

ドラマ「コウノドリ」で話題に!かっこよくない・・・のかを検証(^^;)

宮沢さんはもともとはモデルとして芸能界にデビューしています。
しかし、近ごろはドラマへの出演が増えています。

話題になったのは、2018年に放送された『コウノドリ』の第2シリーズでした。
産婦人科の開業医の息子である研修医・赤西吾郎役を演じて好評でした!

その後は、『トドメの接吻』『僕の初恋をキミに捧ぐ』、今年映画化もされた『賭ケグルイ』にも出演していて、着実に俳優として道を歩んでいます。

そんな宮沢さんの検索ワードに…

かっこよくない

というものが出てきます。
『MEN’S NON-NO』の専属モデルを2015年から務めている宮沢さんにとっては、なかなか屈辱的なワードですよね・・・(~_~;)

『宮沢氷魚はかっこいい?ブス?』と題して、一般の人に投票させているサイトもあって、
残念なことに「ブス」が「かっこいい」を大きく上回っています・・・

「ブス」の理由を挙げてみると…

イケメンキャラ演じるのは正直しんどい

2枚目にこの人は空想すぎる、見てられない痛い

高身長なだけでイケメン扱いをされている。
顔面偏差値は高くはない。

なんていう辛辣な意見が並びます・・・(-_-;)

しかし、好意的な意見では…

僕の初恋君に捧ぐのひおくんめちゃくちゃカッコいいです!!

普通にいたらカッコいい

雰囲気イケメン(これは好意的なのか…?)

というものもあるので、本人がこの結果を見ても、落ち込まないでほしいですね(^^;)

そういう意味でも、今回はイケメンを演じることになるのか分かりませんが、『偽装不倫』での演技は注目したいところです!!