ガキ使で紹介!フランスのボードゲーム・コリドールの遊び方と購入方法

コリドール

7月7日放送の「ガキの使いやあらへんで!」のボードゲーム特集で紹介された『コリドール』というフランス製のゲームが話題になっています!!

番組を観ていた人のSNSでの反応は…

「ガキ使のあの潰し合いゲーム面白いよね。潰し合い前提にやると人間不信になるけど(笑)、自分の進路を守るために壁を使うと考え方が変わって楽しい。コリドールか。」

「コリドール持ってるけどめっちゃ面白いのよね。とにかく「あと何手でゴール出来るか」を計算しながら妨害するのが楽しいんですよ。 #ガキ使」

「ガキ使のボドゲ会面白かった!
有名なコリドールはやったことなかったけど、ルールシンプルで面白そうな作品だなぁ」

「ガキ使見てるけどコリドールくっそ面白いなw」

と、多くの人がコリドールを面白いゲームと感じたようです!

このコリドールのルールは、反応にもある通り、いたってシンプルなものです。

 

コリドールのルールは?

コリドール(Quoridor)というゲームは、1997年にフランスで産まれた2〜4人対戦のボードゲームで、プレーヤーはコマを移動させるか、フェンス(2人の場合・・・10枚、4人の場合・・・5枚を持つ)を設置して妨害するか選択し、先に向かい側の端へ到達すれば勝ち!という、シンプルなルールが基本です。

しかし、フェンスで相手を完全に動けなくしてはダメで、必ず1つ以上は相手の進路を残すことが決まりとなっています。

もう一つ、これは「ガキ使」では省略されていたようですが、相手の駒を飛び越して先に進むことが許されています。

以下の動画で、ルールの説明と遊び方が分かります。

ルールはシンプルですが、結構、頭使いそうですね~(^^;)

でも、ハマりそう^^

 

コリドールの製造メーカーと販売店は?楽天で買えるの?

コリドールはフランスのギガミック社が独占で製造・販売しています。
日本でも購入でき、楽天市場でも多くのショップが取り扱っています!

コリドールには、以下のような種類があります。

 

コリドール・・・通常版。木製。

 

 

コリドール・ミニ・・・中身のサイズが小さいバージョン。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Gigamic社ボードゲームQUORIDORMINI コリドール ミニ
価格:3672円(税込、送料別) (2019/7/8時点)

楽天で購入

 

 

 

コリドール・キッズ・・・子供向けでマス目が一回り狭くなっている。板の枚数が16枚(通常は20枚)。駒の形がネズミになっていて、向かい側の列の奥にチーズの駒が置いてあり、ネズミがチーズを取る・・・というテーマ性が込められている。

 

 

コリドールなどのボードゲームで養われる能力は?

今回のコリドールを始めとしたボードゲームは、単なる遊び道具にとどまらず、人間の知能を高めるためには、非常に有効なものと考えられています。

知育玩具という言葉がありますが、幼少期からこのようなゲームに親しむことにより、知能アップにもつながります。
あの、将棋の藤井聡太7段も、幼い頃に知育玩具で遊んでいる中で、知能が高まっていった・・・と言われています。

何よりも、遊びの中で夢中になりながら自然と頭が良くなっていくわけですし、「ガキ使」を見ても分かるように大人もハマるゲームですので、親子で楽しむことができますね!