畠山検定の本名は? 出身大学はどこ? 世界遺産とかMENSAって何?

畠山検定

こんにちは。
『Qさま‼』でおなじみの畠山検定さんですが、お笑いコンビ「シンデレラ」を相方の茂木亮人さんと2006~2013年まで続けていましたが、解散し、現在はピン芸人として活動しています。

ただ、芸人としての活動はライブが主のようで、テレビではもっぱらクイズ系バラエティー番組に出演しています。

YouTubeで畠山さんのネタの動画を観ましたが、観る人によって評価が分かれそうな感じでした。
個人的には、知性はあのままで良いので、もっと人や物などをいじったほうが面白くなりそう…なんて、素人考えで思いましたけど…(笑)

Sponsored Link

畠山検定の本名は「健」。難関・漢検1級に合格!

畠山さんのプロフィールです。

本名:畠山 健(はたけやま たけし)

生年月日:1982年6月18日(35歳)

出身地:東京都八王子市

身長:174cm

体重:62kg

血液型:A型

出身大学:東京経済大学卒業

資格:日本漢字能力検定協会1級・世界遺産検定マイスター・MENSA会員

所属事務所:プロダクション人力舎

「シンデレラ」時には、本名の畠山健で活動していました。
『検定』の芸名を使うようになったのは、2017年10月からです。

相方の茂木さんは、現在は芸能界を辞めているそうです。二人で漫才していた頃は、昭和風味の正統派漫才をしていたそうですから、もしかするとピン芸人はやりにくいのかもしれませんね(すみません、勝手なこと言って…)

やはり、今の主戦場はその知性を使った、クイズ番組なのかもしれません。

ちなみに、『資格』欄にもある「漢検1級」は、どのくらいの合格率なのかと言いますと..

たったの4.6%(2017年第2回検定)

らしいです。
さすがに、Qさま‼の「芸能界最強漢字王決定戦」で2連覇しただけのことはあります!

世界遺産検定マイスターを取得!

恐らく、検定…という芸名の由来になっているのは、漢検と..

世界遺産検定

でしょう。
その検定の最高位の「マイスター」に合格しています!
このマイスターの合格率(認定率)ですが、50%くらいなので、「簡単そう」と思いがちですが、一番下の4級からふるい落とされて、そもそもマイスターを受ける人そのものが少ないので、難しいことは間違いないです。

世界遺産検定試験を受けたことがある芸能人は多いのですが、その中でも、1級には『西郷どん』の鈴木亮平さんが合格しています。

そして、マイスターには、畠山さんと本村健太郎さんが合格しています。

ところでMENSAって怪しくない?

もう1つの資格、『MENSA』とは..

人口上位2%の知能指数 (IQ) を有する者の交流を主たる目的とした非営利団体

…というとにかく凄そうな団体なのですが、入会テストに合格すれば会員になれるそうです。
ただ、この入会テストも、一度落ちたら最低1年は間をあけないといけないらしく、しかも生涯で3回までしか受けられない(!)そうです…

会員数は全世界で約12万人、日本にも約3000人いるそうです。
ロザン宇治原さんもその一人で、茂木健一郎さんや中野信子さん、パックンマックンのパックンも会員らしいですね。

何か、私みたいな凡人には理解不能な領域のような気がするなあ…(笑)

ちなみに、入会すると会員証が発行されて、月一回の例会で、著名な方の講演会があったり、食事会があったり…という感じらしいです。
一番のメリットは、『MENSA』と言えば、世界で通用する…ってことじゃないでしょうか?

もう、芸人としてよりも、もっと何か凄いところに向かって突っ走っているようにも見える、畠山さんですが、TVではクイズ王を目指して頑張ってもらいたいものです…(としか言えない…)

Sponsored Link