谷口徹 日本プロ選手権で最年長優勝! クラブセッティング・嫁は誰?

谷口徹

こんにちは。
5月13日に行われた、男子プロゴルフの『日本プロゴルフ選手権』で、ベテラン・谷口徹(たにぐちとおる)選手が、ジャンボ尾崎さんの記録を上回る「50歳92日」の大会最年長(国内メジャー大会でも最年長)記録で優勝を飾りました!

ゴルフをしていない人には、正直それが凄いのかどうかも、いまいちピンと来ないかもしれませんが、日本のツアーに出場しているプロゴルファーの最年少はかつての石川遼くんで、16歳でプロになっていますし(15歳の時に、アマチュアでプロの試合に優勝している)、男子ツアーの平均年齢が33.1歳(2018年度)ですので、谷口さんの優勝がどれくらい凄いかお判りでしょう。

しかも、今回の優勝は、メジャーと呼ばれる歴史と権威のある大会での優勝ですから、谷口さんの優勝は周囲を驚かせたわけです。

Sponsored Link

谷口徹のプロフィール、特徴は『ガッツポーズ』と『言動』?

谷口徹のプロフィール(日本ゴルフ機構HPより)

所属先
フリー

生年月日
1968年02月10日

出身地
奈良県

身長
169cm

体重
72kg

血液型
O型

出身校
同志社大学

ゴルフ歴
13歳~

スポーツ歴
テニス、野球

得意クラブ
パター

ツアープレーヤー転向
1992年05月29日

ツアーデビュー戦
1992年09月17日 全日空オープン

師弟関係
石井 哲雄

谷口さんは、これまでツアーで通算20勝を挙げています。日本プロは今回が3度目の優勝、他にも日本オープンに2回優勝するなど、輝かしい成績を挙げてきました。

しかし、優勝は2012年以来無く、今回が約6年ぶりの優勝でした。
それだけに試合後..

「やめようと思うこともあった」

と涙を流すくらいに、この6年間は苦しかったのでしょう。

私の谷口さんのイメージは、『ガッツポーズ』『言動』ですね。今回も、得意のパッティングを決めて、ガッツポーズが出ていましたが、ここぞという場面で決めるので、それができるのです。
言動のほうは、最近はなりを潜めているようですが、過去には、石川遼くん目当てのファンに対し、「おれがお金(入場料)を払ってでも帰ってもらいたい」と言ったり、2002年に賞金王になった頃にも、挑発的な言葉が多かったですね。

私は結構好きですね ^^
近年、プロスポーツでも「優等生」が増えてきて、クリーンになったのは良いとして、裏を返せば、『個性』が少なくなった…とも言えます。
これからも、若い選手たちにとって..

怖くてめんどくさい先輩 (;^_^A

として、立ちはだかるような存在であってほしいな…と思います(笑)。

 

谷口徹のクラブセッティングは?

谷口さんのクラブセッティング(クラブの組み合わせ)ですが、以下の通りです(ゴルフダイジェスト・オンラインより)。

ドライバー
ヤマハ RMX 118 ドライバー (9.5度) / グラファイトデザイン ツアーAD PT -6(硬さX)

FW&UT
キャロウェイ GBB エピック フェアウェイウッド(3番)
ヤマハ RMX フェアウェイウッド(2016年) (5番17度)
タイトリスト 915 H ユーティリティ (3番21度)

アイアン
ヤマハ RMX 118 アイアン (4番)
ヤマハ RMX 116 アイアン (5番~PW)

ウェッジ
タイトリスト ボーケイデザイン SM5ウェッジ (52度、58度)

パター
オデッセイ ホワイトホット #5

ボール
タイトリスト プロV1xボール

谷口さんは、ヤマハというメーカーと契約しています。ヤマハ…そうです、楽器で有名なあのメーカーです。
ゴルフクラブも作っています。
1982年から、ゴルフクラブを制作しているそうです。

谷口さんも2008年からヤマハと契約していますので、今年で10年目になりますね。

この辺は、プロによっても異なり、長く同じメーカーと契約する人や、あえて1つのメーカーと契約せずに自分の好きなクラブを各社から選んで使っている人もいます。

 

嫁さんはどんな人だろう?

谷口さんを検索すると、なぜか「谷口徹 嫁」と複合ワードが出てきます。
そこで、調べてみると..

奥さんのお名前は、亜紀さんで、2005年に結婚しています。

亜紀さんは、結婚する前は..

ANAのCA(キャビンアテンダント)

をしていたそうです。どうやら「ANAオープン」という試合で知り合ったそうで、写真も少ないながら見つけることができましたが、さすがスッチー(古い?)だけあって、おキレイです!!

お二人の間には、お嬢さんが二人いるそうです。

スポーツ選手とスッチー(だから古いって)なんて、絵に描いたように理想的な組み合わせですよね ^^

お嬢さんたちも、6年前より今のほうが記憶に残る年頃でしょうから、今回の優勝は、そういう意味でも嬉しかったのではないでしょうか?

Sponsored Link