「広瀬香美」気になる本名と新名称は?ブログに意味深な言葉が・・・

広瀬香美

広瀬香美さんといえば、90年代に『ロマンスの神様』や同名映画のテーマ曲になった『ゲレンデがとけるほど恋したい』などでのハイトーン・ボイスで一世を風靡した歌手です。

 

当時は、スキーがとにかく流行っていて、金曜日の夜に都内の主要な駅前からスキーツアーのために若い男女がバスに乗り込む姿がよく見られました。
スキー場での恋愛をテーマにした『私をスキーに連れてって』『ゲレンデがとけるほど・・・』などの映画も作られ、今と比べても元気な時代だったな~、と思います。

あっ、私はスキーをやらなかったので、スキーツアーのお客たちを横目で見ながら通り過ぎてました・・・^^
 

Sponsored Link

 

広瀬香美の名称が使用禁止・・・ならば、新芸名は?

広瀬香美さんが一方的に事務所を独立したい、と旧事務所に告げたことに端を発した今回の騒動ですが、『広瀬香美』という名称の使用禁止を旧事務所が宣言したことが一番驚きました。

なぜなら・・・『広瀬香美』というお名前、本名だと思ってましたから・・・(^^;)

では、『広瀬香美』さんのプロフィールを見てみましょう。

本名:石井 麻美(いしい まみ)

生年月日:1966年4月12日(52歳)

出身地:福岡県太宰府市

職業:シンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ラジオパーソナリティ、ボイストレーナー

担当楽器:ボーカル、ピアノ

活動期間:1992年 –

レーベル:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

石井さん・・・だったんですね。^^

もっとも今は、2008年に再婚した一歳年上のアメリカ人男性の苗字も入っているかとは思うのですが、その名前は公表されていないようです。
(ちなみに前夫は、俳優の大沢たかおさんです)

 

私が気になるのは、もし『広瀬香美』名義が使えなくなった場合の新名称がどうなのか?・・・です。

ツイッターでは、『#広瀬香美の新しい芸名』というハッシュタグで、いろいろな名前が出ています。

「ゲレンデとけ美」「逆TUBE」「広東香菜」など・・・

ほとんど、大喜利コーナーと化していますね(笑)

 

広瀬香美

 

広瀬香美のブログに、独立の兆候があった・・・

広瀬香美さんのオフィシャルブログは、現在は更新が止まっていますが、本人の書き込みとしては最後となった2018年5月21日の記事には、今回の独立騒動を暗示させる内容が書かれています。

最後の最後までがんばった!
そろそろ次のステージに出発です。
春の東京を、何年かぶりで味わえ、
夏の予感とともに、旅立ちです。
情緒たっぷりの日本を味わえ、
日本人でよかったなって思う日々でした。
みなさん、ありがとう!
ファンのみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。
また近いうちにお会いいたしましょうね。
歌の練習を積んで、腕を磨いて、
みなさまに、また会える日まで
いつも通り、
いつもより30%増量で、、愛しています♪

「最後の最後までがんばった!」とは、事務所との交渉・・・のことでしょうか?

「次のステージに出発・・・」ですから、この時にはすでに、移籍を決めていたようですね。

 

今揉めている前事務所『オフィスサーティー』の代表・平野ヨーイチ氏はかつてはロサンゼルス在住のギタリストでしたが、広瀬さんがデビュー前にロサンゼルスで修行中に出会い、広瀬さんの才能を高く評価した平野氏がデモテープを作り、日本のレコード会社に売り込んでデビューに至ったそうです。

今回の騒動は、平野氏によると、近年の楽曲セールスやライブの観客動員が芳しくない状況を変えるために、広瀬さん自身が事務所の代表に就任したい・・・と平野氏に申し入れていたらしく、「1年間やってみて、業績が上向いていった段階で変わるのはどうか」と譲歩案を提示した平野氏に対し、代表の実印や会社登記の変更などが「気持ちの問題」として必要・・・として、話し合いは物別れに終わり、5月28日の広瀬さんの新事務所への移籍宣言につながったようです。

平野氏の話では、お互いに話し合えば和解もありそうな雰囲気ですので、あとは、広瀬さんの気持ち次第・・・でしょうか?