松嶋菜々子が朝ドラに23年ぶり出演!前回の「ひまわり」とは?視聴率クイーンって本当?

こんにちは。

松嶋菜々子さんが実に23年ぶりにNHKの朝の連続テレビ小説に出演することが決まったことが話題になっています。

松嶋さんは、私の友人が昔からスゴくファンで、うるさい位に「松嶋菜々子、松嶋菜々子…」って言っていました(笑)。
若い頃は健康的で活発なイメージでしたし、今は今で大人の上品さが出ていて、うまくシフトチェンジできているな..と感じますね。

そんないつまでも綺麗な松嶋さんが、23年ぶりに朝ドラに出演する…ということで、一体どんな作品か、興味ありますね。

Sponsored Link

2019年度前期 連続テレビ小説「なつぞら」

この作品は、まず広瀬すずさんがヒロインになることで話題になりました。
広瀬さんも、これまで出演してきたドラマの視聴率が思わしくないようで「大丈夫?」との声も聞こえてくるようですが、その『母親』役が松嶋さんです。

母親…といっても実の母親ではなく、『養母』らしいです。
広瀬さん演じるなつの、亡くなった父親の戦友の妻…と、これだけ聞いても少し複雑そうですね(笑)。
私、松嶋さんが20代の頃から観ているので、広瀬すずの母親役になるというのは、「もうそんな時代になったのか…」と感慨深いものがありますね…。

その「なつぞら」について、少し紹介します。

なんと、連続テレビ小説の記念すべき100作目なんですね。
あらすじは、戦後、両親を亡くしたなつが北海道の開拓農家に引き取られ、友達の影響からアニメの世界に惹かれ、やがて東京に出て、日本アニメの草創期に活躍をする…という内容のようです。
うまくいけば、広瀬さんにとっても、ターニングポイントになる作品になるかもしれませんね。

脚本は、大森寿美男さんという方で、代表作は映画『39 刑法第三十九条』、大河ドラマ『風林火山』などで、2000年には史上最年少で向田邦子賞を受賞しています。
大森さんは、連続テレビ小説の脚本は今回が二回目で、2003~2004年に放送された『てるてる家族』(石原さとみ主演)以来になります。

共演者は、広瀬すずさんの兄役が岡田将生さんで、松嶋さんの父役には草刈正雄さん。松嶋さんの夫役は藤木直人さんが務めます。

Sponsored Link

 

松嶋菜々子の初めての朝ドラ「ひまわり」って?

私も観ていましたね、「ひまわり」。
私の故郷が福島県で、その福島を舞台にしたドラマでしたので、よく覚えているんです。

松嶋さんは、その「ひまわり」で連続テレビ小説のヒロインに大抜擢

放送期間 1996年4月1日 – 10月5日(全162回)

脚本 井上由美子

出演者
松嶋菜々子
夏木マリ
寺泉憲
三宅裕司
川島なお美
上川隆也
大鶴義丹
佐々木すみ江
藤村志保
奥田瑛二

ナレーター 萩本欽一

オープニング曲 山下達郎「DREAMING GIRL」

欽ちゃんが『犬』役で、ナレーターを務めていました(笑)。

あらすじは、弁護士を目指す松嶋さんが、司法試験に合格し、司法修習生を経て、一人前の弁護士に成長していく…というもの。

平均視聴率は25.5%で、最高は29.6%(!)ということで、まだまだテレビドラマが元気な時代でしたね…。
この「ひまわり」は、BS2で一度再放送が行われたようですが、今観るとすれば、DVDが出ているようなので、それを取り寄せる方法しかないようです。

印象に残っているのは、松嶋さんがドラマの中でやたら「大女」呼ばわりされていたことですね(笑)。
確かに、松嶋さんの身長は172cmなので、一般女性の平均よりかなり背が高いのですが、それにしても、今だったらハラスメントになりかねない…と思うのは私だけでしょうか?


 

松嶋菜々子は視聴率クイーン?過去のドラマを振り返る

そして、朝ドラヒロイン抜擢をきっかけにして、その後、様々なドラマに引っ張りだこになるわけですが、歴史に残る高視聴率ドラマにも複数出ています。

では、松嶋菜々子出演の歴代高視聴率ドラマ、トップ3を挙げていきます。

第3位 やまとなでしこ(最高視聴率34.2%、平均視聴率26.4%)

やまとなでしこ
2000年作品。
今となっては、「月9」の黄金時代..って感じでしょうか?
堤真一さんも、このドラマからブレイクしましたね。
テーマ曲の「ヨー、エーブリーシーン~」と高らかなミーシャさんの歌声が、いろんな所で流れていました…。

第2位 GTO(最高視聴率35.7%、平均視聴率28.5%)

GTO
1998年作品。
松嶋さんと現在の夫・反町隆史さんが交際するきっかけにもなったドラマで、反町さんの主題歌もヒットしました。
漫画が原作ですが、漫画よりもシリアスにする..ことをコンセプトにして作られたそうです。

第1位 家政婦のミタ(最高視聴率40.0%、平均視聴率25.2%)

家政婦のミタ
2009年作品。
最終回に最高視聴率を挙げ、21世紀に入って初めて40%を超えたドラマで、社会現象にもなったことは記憶に新しいですね。
松嶋さんもこのドラマで、新境地を開いた感があります。

ところで、「承知しました」っていう言葉、あれから使う人増えた気がするな~。

視聴率の数字だけでいえば、今の米倉涼子さんよりも上ですが、時代背景などもあるので一概に比較できないところもあります。

ただ、松嶋菜々子さんは、
数字の取れる女優
であることは間違いありません。