ドラマ・幸色のワンルーム 放送中止!炎上したその内容とは?

幸色のワンルーム

7月から土曜深夜に放送予定だった『幸色(さちいろ)のワンルーム』の放映を、テレビ朝日が中止することを決定しました(関東地区のみで、関西地区では放映予定)。
どうやらその内容が、ドラマとしては不適切な内容である・・・ことが理由のようです。

7月から決まっているドラマが6月半ばに中止になる・・・なんてことはなかなか無いことなので、その内容に興味がありますね。

Sponsored Link

 

『幸色のワンルーム』は原作の漫画でも炎上していた!?

『幸色のワンルーム』は、無料マンガサイト「pixivコミック」で不定期で連載されている漫画が原作です。
元々は、ツイッター上で発表したことが最初のようです。
原作者の「はくり」さんは、漫画のほかにイラストレーターもされているようです。
プロフィールなどの情報はほぼ無いのですが、漫画のタッチからすると、女性ではないかと思われます。

問題になっているその内容ですが..

両親から虐待をされていた少女が、ある男に「誘拐」という形で救い出され、共に生活をする・・・というもののようです。
漫画が連載されるようになってから、2014年に埼玉県朝霞市の女子中学生を誘拐し、自宅アパートで約2年間に渡り監禁していた事件をモデルにして描かれているのではないか?・・・という憶測が上がり、有名な作家さんがその問題を指摘したことをきっかけに、SNS上で炎上したそうです。

今回、問題になったのは・・・

ドラマ化すれば被害者を中傷し、誘拐を肯定しかねない

ということのようです。

幸色のワンルーム

犯罪のドラマや映画では、「犯人がなぜ犯罪者になったのか」の理由を描くことが多いので、『幸色のワンルーム』でも、人助けのための「誘拐」として描かれているのですが、それそのものが問題とされているようです。
それに加えて、犯罪の被害者側にも「落ち度がある」という風に描かれていると捉えられることを恐れたのでは、と思います。

実際の漫画のキャラクターを見たのですが、少女の身体に虐待によるアザがあったりして、深夜とはいえ映像化するとなると、テレビドラマとしては誘拐のことに加えて、かなりセンシティブな内容ではありますよね・・・

 

でも、そう考えたら、1990年代の野島伸司さん脚本のドラマなんて、今じゃとてもじゃないけど放送できない内容なのでは?・・・と思ってしまいますけどね (しかも夜10時台の放送・・・ (-_-;))

 

もっともこのドラマは、朝日放送テレビの制作で、関西地区では普通に放送するようなので、関東の人も、ネットなどで観ようと思えば観れますよね ^^

女優の山田杏奈さんの初主演ドラマでもありますし、どうにかして観よう・・・と思っています ^^

Sponsored Link