「義母と娘のブルース」子役・横溝菜帆は芸歴7年!今までの出演作は?

横溝菜帆

こんにちは。

6月で連続ドラマの4月期クールが終わり、7月から新たなドラマが始まりますね。
どうやら7月期のドラマは、「推理サスペンス」もの「アラサーヒロイン」ものの、大きく2つに分かれるようです。
果たして、7月期はどのドラマが高視聴率を獲ることがことができるのでしょうか?

その中でも、綾瀬はるかさんが「アラサーヒロイン」を演じるのが、

義母と娘のブルース

です。

綾瀬さんが演じるキャリアウーマンに、竹野内豊さん演じる妻に先立たれ一人娘と生きる男がプロポーズする・・・ところから始まるこのドラマですが、その竹野内さんの娘役として出演するのが..

横溝菜帆(よこみぞ なほ)ちゃんです!

Sponsored Link

横溝菜帆のプロフィールとこれまでの作品

名前
横溝 菜帆 (ヨコミゾナホ)

生年月日
2008年03月27日

出身地
神奈川県

身長
125.0cm

趣味 特技
フラダンス

所属事務所
テアトルアカデミー

今年10歳で、3歳から現事務所の養成所に所属しているので、すでに芸歴7年・・・ということになります(^^;)

映画『魔女の宅急便』のキキ役や、同じく映画『兄に愛されすぎて困ってます』ではヒロイン役の土屋太鳳さんの幼少期を演じたり・・・と、映画・ドラマですでに多くの作品に出演してます。

このまま順調に名女優への道を進んでいってほしいところですが、あと数年すると「思春期」が来て、そこで自分の将来について悩むようになるかもしれません。

人気子役だった大橋のぞみさんも、13歳で芸能界を引退していますしね・・・

 

プロフィール見てみたら、CMにも多く出演しているんですね。

例えば、このCM↓↓↓

かわいいですね (^▽^)

この他にも、セイバンのランドセルや、ケンタッキーフライドチキン、ナビスコ「オレオ」などのCMに出演していました。

 

実は、綾瀬はるかさんとはNHKのドラマ『精霊の守り人』で共演しています。
・・・いや、厳密に言うと共演ではなく、綾瀬はるかさん演じるバルサの幼少期を横溝菜帆ちゃんが演じていたので、二人の直接のやり取りは今回の『義母と娘のブルース』が初めてになるはずです。

今回のドラマでは、10年間を描くドラマ・・・のようですので、横溝菜帆ちゃんが最後まで演じ切ることは難しいでしょうけど、この種のホームドラマで感情移入できるかどうかも・・・

子役の腕次第

とも言えますので、かなり重要な役どころです。
でも、すでに様々な作品を経験している横溝菜帆ちゃんにとっては、今回の役もそれほど難しいものではないのかもしれませんね・・・^^

Sponsored Link