畑岡奈紗 クラブセッティングが凄い!今回の優勝賞金はいくら?

畑岡奈紗

日本は、サッカー・ワールドカップの話題で持ち切りですが、その裏で畑岡奈紗(はたおか なさ)選手が、『ウォルマートNWアーカンソー選手権』で米女子ゴルフツアー初優勝をしました!!
日本人としては、最年少の米ツアー勝利でもありました。
しかも、2位に6打差をつける圧勝でしたからね・・・

先日、アメリカで9勝を挙げた宮里藍さんが結婚を発表しましたが、その宮里さんがアメリカで最後に優勝したのが、今回の大会でした。
まさに、宮里藍の跡を継ぐプレーヤーが出てきた・・・という感じですね!!^^

Sponsored Link

 

畑岡奈紗のクラブセッティングは男子並み!?

畑岡選手は、2016年の「日本女子オープン」17歳のアマチュアとして出場して優勝し、一躍脚光を浴びました。
なにせ、並み居るプロの強豪を相手にして、日本の最高峰の大会に勝っちゃうわけですから・・・(^^;)

そのまますぐにプロ転向し、日本ツアーではなく、アメリカツアーの予選会を通過し、2017年からアメリカを主戦場していました。

 

私も、畑岡選手のスイングを見た時は、「すごい人が出てきたな」と率直に思いました。
女子プロゴルファーのスイングというと、体が柔らかくしなやかな動きをする人が多いのですが、畑岡選手は男子のように「キチッ」と完成されたスイング・・・という感じで、モノが違う・・・と思いましたね!!

身長は157cmと女性としては一般的ですが、体力トレーニングをしっかり積んでいそうです。
そのせいもあってか、畑岡選手のクラブセッティングは、ドライバーの重さが310グラム台と、女子としてはかなり重めのものを使用しているようです。

一般的な女子プロのドライバーは、アマチュアの男性のクラブと同じようなものを使っているので、280~300グラムのものがほとんどだと思いますが、畑岡選手は体力があるので、男子プロと同じようなクラブのほうがボールが安定するようです。

ゴルフをしたことのない人からしたら、「たった10gくらいの差なんて・・・」と思われるかもしれませんが、ゴルフクラブは長さのせいで遠心力が働くため、スイング中の重さの感じ方が10グラムも違うと、全く違うクラブ・・・になってしまうのです。

それにしても、男子と同じようなクラブを使うとは・・・やっぱり違いますね (-_-;)

畑岡奈紗

 

優勝賞金は日本円でいくら?

さて、畑岡選手が今回の優勝で獲得した賞金は300,000ドルですが、日本円に換算すると..

約3300万円!!

となります。
ちなみに日本の女子ツアーの一般的な大会での優勝賞金は、3日間の大会で1500万円前後なので、およそ倍の金額ですね。

アメリカは、男子ツアーの人気はあるけれど、女子ツアーはそれほど人気が無い・・・と言われていてこの賞金ですからね ^^

この畑岡選手の優勝で、アメリカを早めに目指す女子ゴルファーが増えてくるのでは・・・と思いますね。

 

ゴルフや野球、もちろんサッカーも海外で活躍する人が増えてきて喜ばしいことなのですが、日本時間の夜中に行われることが多いので、観るほうとしては寝不足になって、なかなかツライものがあります・・・(笑)