谷川翔のプロフィール、身長、兄・航と『うたばん』って?

谷川翔

4月29日に行われた「体操・全日本選手権・男子個人総合決勝」で、11連覇を狙った内村航平選手を破ったのが、谷川翔(たにがわかける)選手です。
しかも、まだ19歳2か月の若さで、大会史上最年少での制覇です!!

「まさか勝てるとは思わなかった。実感がわかない。夢みたい」

と、素直に喜んだそうです。

この谷川選手を調べてみました。

 

Sponsored Link

 

谷川翔のプロフィール

 

生年月日
1999年02月15日

出身高校
市立船橋高校(千葉県)

大学(2018年4月現在、大学2年)
順天堂大学

身長
153cm

体重
52㎏

利き手

得意競技
ゆか あん馬

得意技
ゴゴラーゼ・ブスナリ

自分の性格を一言で
まじめ

好きな言葉
Never give up

マイブーム・趣味
モンスト

最も影響を受けた人
谷川航

私がこの中で最も気になったのは、得意技『ゴゴラーゼ・ブスナリ』ですね。
何か、いかついオジサンか、オバサンの名前みたいで…

すみません、頭が小学生レベルで…(笑)

あっ、これ..

『ゴゴラーゼ』というゆかの技と、『ブスナリ』というあん馬の技…なんですね (ノ∀`)アチャー
失礼しました…

身長は、153cmということで、体操選手としては低めのようです。

ちなみに..

内村航平選手は、162cm

白井健三選手は、164cm

らしいです。

でも、映像観ると、筋肉がスゴイ!!

谷川翔

 

兄・谷川航選手のほうが有名だった! 二人で出ていた『うたばん』

プロフィールでも、「最も影響を受けた人」と書いているお兄さん・航(わたる)選手についても触れてみましょう。

谷川翔谷川航

上が翔選手、下が航選手です。
よく似てますね~、まあ兄弟だから、当たり前って言えば当たり前だけど…
でも、よく見ると、翔選手のほうが少し優しそうに見え、航選手は強気な感じに見えます。

次は、2人の成績の比較ですが、

翔選手も..

第71回全日本体操種目別選手権 (2017年)
あん馬4位

…という成績があるのですが、それを遥かに凌ぐ成績を挙げているのが、航選手で..

第71回全日本体操種目別選手権 (2017年)
ゆか2位 / 跳馬2位
第56回NHK杯体操 (2017年)
個人総合5位
第71回全日本体操競技選手権大会 (2017年)
個人総合4位
第70回全日本体操種目別選手権 (2016年)
跳馬優勝
第69回全日本体操種目別選手権 (2015年)
ゆか2位 / 平行棒4位
第68回全日本体操種目別選手権 (2014年)
ゆか3位

…とまあ、スゴイ訳です。

今大会で翔選手は、ほぼダークホース状態で、一気に有力選手を抜き去って優勝したのでした。
競馬でいったら、単勝50倍の大穴…ってところでしょうか?

ちなみにお兄さんの航選手は、

1996年07月23日生まれ

ですから、翔選手とは学年で2年違い…ということになります。

航選手も、同じく

順天堂大学

です。

…というより、航選手の影響で、翔選手が同じ大学に入学した..
という言い方のほうが正しそうですね(笑)。

そして、この兄弟、かつてTBSで放送された『うたばん』という番組に出演しているようです。

谷川兄弟・うたばん

今から13年前の2005年ですから、翔選手が6歳位、航選手が8歳位の頃です。
かわいいですね。
この時は、ランドセルを背負ったまま..

連続バック転

をしたそうです。
その他にも、『TBSオールスター感謝祭』や『ハロモニ』などにも2人で出演したようです。

そして翔選手は..
なんと、時代劇にも子役として出演していました。

2007年に放送された村上弘明主演のNHK時代劇『柳生十兵衛 七番勝負』では主人公・柳生十兵衛の幼少期を演じる子役に抜擢された。
「殺陣が得意だった」(父・昭二さん)そうだ。

役者の才能もありそうですよ^^

今や、二人とも立派な選手になって、親御さんも鼻高々でしょうね( ´∀` )
2020年には東京オリンピックもありますし、今後ますます期待大の谷川兄弟です!!!